カードのキャッシング枠

お金を借りる際には総量規制というルールに注意する必要があります。カードローンも例外ではなく収入の3分の1までしか借入ができないというルールです。

 

例えば300万円の年収であれば100万円まで借入ができるということになります。しかし、ここで重要なのは実は現金の借入以外にも総量規制の枠を潰してしまうものがあるという点です。

 

もちろん他社から借入がある場合は合算する必要がありますが、それ以外にもクレジットカードのショッピング枠も合算する必要があります。

 

クレジット枠で50万円利用し他社から50万円借入ている場合は限度まで利用している事になります。この状態では新規の借入の申し込みをしても審査に通過する事はできません。

 

キャッシング枠の影響で新規の借入ができない場合の対応方法はいくつか考えられます。例えばキャッシング枠自体をなくしてしまうという方法が考えられます。

 

キャッシング枠を減額したりなくしたりすれば当然総量規制の範囲まで余裕が生まれます。余裕ができた分までは新規で借入が可能となるわけです。

 

この他、総量規制の関係ない銀行のカードローンを利用する方法もあります。総量規制はそもそも消費者金融などの借入のみに適応され銀行は対象外なのです。

銀行からの借り入れも様々なものがありますが、大手銀行以外にも地方銀行のカードローンも最近では人気が高くなっています。地方銀行で借りる際には対象の地域に注意をし、利用ができるのであれば横浜銀行カードローンの申し込みを進めてみましょう。