2016/04/18 15:06:18 |
お金を借りる際には総量規制というルールに注意する必要があります。カードローンも例外ではなく収入の3分の1までしか借入ができないというルールです。例えば300万円の年収であれば100万円まで借入ができるということになります。しかし、ここで重要なのは実は現金の借入以外にも総量規制の枠を潰してしまうものがあるという点です。もちろん他社から借入がある場合は合算する必要がありますが、それ以外にもクレジットカードのショッピング枠も合算する必要があります。クレジット枠で50万円利用し他社から50万円借入ている場合は限度まで利用している事になります。この状態では新規の借入の申し込みをしても審査に通過する事はで...
2016/04/18 15:06:18 |
カードローンは収入があればほとんどの場合で借入ができてしまいます。利用者にとっては便利な反面、借金をすることへの意識が薄くなってしまうという面があります。そのため複数の業者から借入をして多重債務状態になってしまう人が少なくありません。このような状態になってしまうと自力で完済する事は難しいので、借金の一本化をしましょう。そこでまず考えてみたいのが、カードローンで借金を一本化することです。いわゆる「おまとめローン」と言われるものですが、おまとめローンと銘打っているサービス以外でも問題ありません。基本的にカードローンでは借入金額が少額だと金利が高くなる傾向にあります。そこで1箇所にまとめるだけで金利...
2016/04/18 15:06:18 |
カードローンを利用するなら、プロミスは真っ先に選択肢に入れるべきでしょう。キャッシング会社はその数も多く、中には海のものとも山のものとも判別できない会社もありますが、大手カードローン会社であることは大変安心できる点です。大手ということもあってスタッフ教育にも力を入れていますし、中小の会社のようにスタッフが愛想のない対応をすることも考えにくいです。金利に関しても高すぎないということも魅力のうちの一つでしょう。お金を借りるということはあまり他人にも言いにくい事柄ですが、その点プロミスであれば個人情報の保護という面からでもしっかりとしていますし、やはりお店の選択肢としては外すことが出来ません。このよ...
2016/04/18 15:06:18 |
カードローンを通じて融資を受ける場合には、返済時の方法や頻度を柔軟に変更させることが可能である場合が多くなっています。原則として毎月定められた日に口座からの引き落としとなることで知られていますが、返済時期を早めたり、返済の金額を変動させたりすることが可能であるとされています。そのため、カードローンの利用者は、自身の状態に応じて返済を早く進めようと、返済方法を都度確認し変更することが多くなっているのではないでしょうか。こうした柔軟な返済方法の選択は、カードローンの大きな特徴のひとつとして挙げられることが多く、新規にこのキャッシングのサービスを活用する人からも強い関心が示されています。返済に関する...
2016/04/18 15:06:18 |
急な出費があったり、家賃や生活費の支払い期限が迫っていたりする時などにお金が不足している場合、金融業者でキャッシングをして対応することになります。お金を借入できる金融業者は消費者金融と銀行があげられます。消費者金融は借入しやすいですが、銀行のカードローンを利用したほうがいいでしょう。カードローンで借入することでいろいろなメリットを受けられるからです。カードローンを利用するメリットとしてまず低金利で融資が受けられることです。数万円程度の借入をする時、消費者金融の場合だと年18%前後の金利がかかります。これに対してカードローンの場合は年14%台と消費者金融よりも低いです。特に長期間借入すると発生す...